アラビックコーヒーを作るには「イブルック」が必要です。

 

アラビックコーヒーには欠かせない「イブルック」

 

「イブルック」は銅または真鍮製の、長い柄のついた「ひしゃく型」の器具で(「ジャズベ」とも呼ばれます)、コーヒーを煮出して抽出します。これでコーヒーを作るとなんとも味わい深く、雰囲気が出ます。よく考えると、家には持ってなかったので今年3月にアンマン出張の際に、この「イブルック」を買いました。しかし、少し容器が大きくカバンに入りません! そこでホテルの小さい「イブルック」を拝借し、自分が購入した「イブルック」をホテルにおいてきました。

 

「イブルック」を使って皆で鍋を囲む図

 

先月、事務所のベランダでイラクの友人と鍋をした際、事務所にオタマが無いことに気づきました!せっかくの傑作鍋がこれでは食べられなどうしようと悩みましたが、良いことを思いつきました。「イブルック」を使ってやれ!と。「イブルック」は大活躍!しかし、こんな使い方をしては中東の人に怒られると思いきや、シリア人の友人は「中東でも「イブルック」でスープをすくいますよ」と。なんと、「イブルック」にはこんな使い方もあったのだと関心してしまいました。

イラクの友人はこの「イブルック」を見て、「アンマンでパクったやつやろ!」と笑っていました。(パクってません。新品の大きな「イブルック」に交換しただけです。)